シミは治すより作らないのが肝心!シミが出来るメカニズムを理解して予防に努めよう!


一度出来たシミは綺麗に消すのが難しい

肌のシミは表皮の細胞になる色素が一か所に集まった状態を指します。色素で形成されているほくろもシミの一種ですが、シミは年齢や性別に関係無く、誰でも出来る可能性があるのが特徴です。また、シミが出来るタイミングは決まっていないので、何もなかった部分にある日突然出来ることも珍しくありません。シミは色素が沈着して出来るものなので、一度形成されると自然に消えることは殆どありません。また、治療で取り除いても完全に綺麗な状態にはならないので、シミ対策は治すよりも作らないことを重視する必要があります。特に中高年層の人は細胞の老化によって色素が漏れやすくなっているので効果的なシミ対策が不可欠です。

シミ予防は毎日のスキンケアが大切

シミを作らないためには肌への過剰な刺激を避けるのが最も効果的です。シミが出来やすい人は屋外で日焼けした経験が多い傾向があります。また、喫煙や化粧の習慣がある人もシミが出来やすいので、自身の生活を見直すのが美肌を保つためのポイントです。余計な刺激を与えない他、こまめにスキンケアを行ってダメージを軽減させるのも肌を綺麗に保つための工夫です。肌が乾燥するとシミが出来やすくなるので、保湿剤による潤いの維持が重要になります。市販のスキンケア用品でシミの形成を防ぐことが出来ますが、肌質に合わない製品を使うとかえって具合が悪くなるので注意が必要です。肌トラブルに見舞われた際はすぐに皮膚病の専門医による治療を受けることを心がけます。

シミという虫の腹部先端には3本の突起がありますが、真ん中のものは「尾糸」、左右にある一対は「尾毛」と呼ばれる器官です。