アゴの痛みも予防できる!歯並びを矯正するメリット


神経を圧迫しないための矯正

歯並びが悪化した状態を放置していると、歯並びだけでなくアゴの骨まで歪んでしまい、顎関節症を発症する事もありえます。左右の歯で均等に食べ物を噛めない歯並びになっている人は、顎関節症を発症しないよう注意が必要です。歯科で検査を受けておけば、顎関節症が発生しやすい歯並びになっていないか調べる事もできます。そこまで歯並びが悪くなっていない人でも、神経が圧迫される可能性が無いか調べるために検査を受けておきましょう。

口臭が悪化する原因にもなる

時間をかけて歯磨きをしているのに、すぐに口臭が発生する事に頭を抱えている人も、歯並びを矯正する事で口臭の悩みが解決される可能性があります。歯並びが悪くなってしまうと、歯ブラシが歯の隙間まで入り込みにくくなって、多くの汚れが口内に残る事になりかねません。歯科で歯並びを矯正しておけば、軽く力を込めて歯を磨いているだけで、口内の汚れを簡単に落とせます。汚れが溜まりやすい口内は虫歯の発生率も高いので、早期に歯並びを矯正しましょう。

舌に刺激を与えないために歯並びを整える

歯が舌を刺激する回数が増えるほど、歯並びが悪化していると舌癌の発症率が上がってしまうので、舌の病気を予防するためにも歯並びを矯正してください。よく舌を噛んでしまう人だけでなく、口を閉じていると歯と舌が触れ合う状態になる人も、舌癌の発症率が高くなるので注意が必要です。舌を保護するために歯並びを矯正する事で、家族を安心させてください。すでに舌に異変が発生しているのなら、口腔外科で検査を受ける事を推奨します。

出っ歯の矯正は成長途中の子供の頃に済ませるのが良いとされます。成人になると歯列が完成してしまい、矯正に伴う他の歯の移動が困難になるためです。そのため、容易に位置が変わる成長期での矯正が適しています。