その抜け毛はストレスが原因かも!?髪の毛を育てるためにストレスフリーを目指そう


抜け毛とストレスの関係性

現在、日本で薄毛で悩んでいる人は年々増加傾向にあります。日本人のハゲ率はアジア最高と言われているぐらいです。なぜこんなに薄毛の人が増えたのか、原因は簡単、「ストレス」です。現代社会は「ストレス社会」と言われるほど、たくさんの人がストレスをかかえています。競争社会のよるストレス、将来の不安、管理社会。テレビをつければ月曜日から日曜日までネガティブで不安をあおられる話題ばかり。
ストレスによって抜け毛が起きるのは「血行不良」が関係しています。ストレスを感じると血流が悪くなり、頭皮に運ばれるはずの栄養が十分に行き渡らなくなってしまうのです。栄養が届かなかった髪の毛は立派に成長することができず、抜け毛となって天に召されます。抜け毛を抑えたいと決意し、「育毛剤」や髪の毛に良い食事、飲み物、運動をしても「ストレス」をやっつけないと、十分な育毛は期待できないでしょう。

ストレスをなくして育毛する環境を整える

ストレスをためないためには、毎日行える「ストレスケア」が大事です。例えば「良質な睡眠」です。深い眠りである「ノンレム睡眠」を長くすることで、脳や交感神経を休めることができ、ストレスがやわらいでいきます。また、ぬるめのお湯に10分以上入ることで、リラックス効果、血行促進、快眠の効果が期待できるでしょう。また、食事では「レバー、魚、卵、納豆」がストレス対策に効果的とのこと。
髪の毛にはヘアサイクルがあるため、毛穴からきちんとした髪の毛が生えてくるまでとても時間がかかります。ヘアサイクルは効果がでるまで早い人でも半年、人によっては一年以上かかることもあるんだとか。ストレスをためない生活を長期期間続け、立派で丈夫な髪の毛を育てましょう。

育毛とは現在生えている毛を途中で抜け落ちないようしっかりとした太い毛に育てることを言い、髪に栄養補給をして頭皮環境を整えることが大切です。